鉄分吸収率をアップする成分

女性に多い症状としてあげられるのが貧血です。
特に多いのが、鉄分不足によるもので、血液の成分である赤血球に含まれるヘモグロビンの材料であるため不足するとヘモグロビンが不足してしまい、ヘモグロビンが運ぶ酸素の運搬もうまくいかなくなります。
酸素の量が減ってしまうと、心臓や肺が激し動くことで動悸や息切れ、めまいなどの症状が起こりやすくなります。
これが起きる原因としては、過度なダイエットや偏った食事、妊娠中や授乳中に胎児や母乳に使われる、月経などの出血が起こることによって起こります。
このような貧血を改善するためには、積極的に血液を作ったりすることが改善につながります。
そのためにオススメなのが、造血ビタミンといわれる葉酸の利用です。


葉酸は赤血球の形成を助ける働きがあります。
赤血球の寿命は約120日で、体内では赤血球は新しく常に作られていますが、葉酸は赤血球の材料になる赤芽球の合成に関わっており、これが正常に作られなければ赤血球も正常に作られないと考えられます。
葉酸は普通の食事をしている場合は不足しにくいとされています。
しかし、体質的な問題や妊娠中、授乳中などには積極的に摂取する必要がある栄養素でもあります。
葉酸は様々な食材に含まれており、レバーやほうれん草、枝豆、田作りなどが挙げれらます。
葉酸は水に溶けやすく加熱に弱い性質があります。
そのため鮮度の良いものを洗いすぎに注意しながら、スープなどの煮汁に成分が溶け込んだものを摂取することをオススメします。
また、ヘム鉄などの鉄分吸収率をアップすることによって貧血を予防効果を高めることができます。
葉酸を含んでいるレバーを食べたり、カツオやドライフルーツなどを積極的に取り入れた上で、吸収率を高められるビタミンCと一緒に摂取することが効果的です。

それでも体調が治らないという場合には、病気の可能性もあるため病院で受診します。
また、サプリメントの利用なども有効です。